売却のプロに無料相談

マガジン

『不動産相続』のプロ向けにお話をさせて頂きました

大村 武司 ウエストエリア
大村 武司
「不動産相続」のプロ ウエストエリア
2019.09.27

『不動産』と『相続』難しいですよね!

大阪の梅田で『不動産相続』のプロ向けにお話する依頼を受けまして、登壇させて頂きました。

 

日本人の資産は、約7割が不動産資産と言われています。全ての資産を引き継ぐ相続ですから、不動産の扱いを避けて通ることはできません。しかし、不動産の扱いは難しい。その理由は大きくふたつあります。

ひとつ目は、不動産はその価値(時価)がわかりにくいから。土地としての評価は高いが、実際に市場に売りに出すと売れない、予想以上に価格が低いなど不動産の価値はその相続税の評価と一致しないことがよくあります。

そしてもうひとつは、不動産は分けにくいから。たとえば、相続人2人で、遺された実家を分けられるでしょうか。現金資産とは違って分けにくいのも不動産の特徴のひとつです。

価値がわかりにくく、専門的な知識も必要な不動産の相続を、経験を積んだ不動産のプロがサポートしていく必要性を感じております。

 

最適な相続の答えはひとつではありません。相続税を抑える方法は有りますが、遺言が無かった時、遺産分割協議書に必ずハンコを押してもらう魔法は有りません。

まずは、ご家族の状況、資産の状況をきちんと確認し、わかりやすい資料の提出やシミュレーションを通じてそのご家族にとっての最適な相続を目指して、事前に準備することをお手伝いしております。

また、お持ちの不動産の査定や、アパートの改善、遊休地の有効活用、不動産の処分の相談もお任せください。

 

来月は、博多で『不動産相続』のプロ向けに登壇することになりました。不動産を提供するものとして、地域の不動産を持つ人の悩みにこたえ、家族が争いになることなく資産がきちんと引き継がれるようアドバイスすることが求められる自分たちの役割だと思いますので、その辺もお伝えできれば幸いです。

担当エリア:大阪府西部
「不動産相続」のプロ

ウエストエリア
大村 武司 omura takeshi

担当エリア:大阪府西部

自己紹介

平成7年、不動産管理会社に入社。
平成9年、不動産賃貸仲介会社に転職。1か月目からトップクラスの営業成績を残す。
平成13年東急リバブル株式会社に入社。不動産売買仲介の業務に従事し、平成21年上半期には不動産仲介リテール部門で関西No.1の成績を獲得。
平成23年に独立開業。不動産売買仲介と不動産買取再生を行う。
平成26年に『センチュリー21』に加盟。個人営業の成績としては、平成29年には年間を通じて大阪市内(営業300人)で社有・請負部門で売上成績 No.1の成績を獲得。センチュリオンを達成。
同時に人材の育成にも注力しており、大阪市内不動産売買仲介部門で弊社の営業パーソンが平成28年度1位の成績を獲得するなど、成果をあげております。

大村 武司の記事

ランキング

他の記事を探す

センチュリー21「売却のプロ」が、
お客様の不動産を無料査定いたします!

最短60秒 無料査定スタート!
最短60秒 無料査定スタート!